新型コロナウイルス感染症対策に伴う受験生に対する要請事項

§医療機関での受診
発熱・咳等の感染症を疑う症状がある受験生は、あらかじめ医療機関での受診を行ってください.

§受験できない者
新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日までに医師が治癒したと診断していない場合や試験日までに保健所等から「濃厚接触者に該当する」とされた者は受験できません.

§試験当日における対応
発熱・咳等の症状のある受験生は、試験当日の検温で37.5度以上の発熱を認めた場合は受験を取り止め、別の入学試験日を検討してください.また37.5度までの発熱はないものの、発熱症状・咳症状等感染症を疑われる受験生は、その旨を受付または試験監督者等に申し出ください.
症状の有無にかかわらず、各自マスクを持参し、試験会場ではマスクの着用をしてください。休憩時間における他者との接触、会話を極力控えてください.

§試験会場の感染症対策
試験会場にはアルコール消毒液が設置されていますので適宜ご使用ください.また試験会場は換気の為に窓を常時開放しております.空調に対して衣服などの調整ができるよう準備してください.

§受験生のご協力(心得)
日頃より手洗い、手指消毒、咳エチケット、身体的距離の確保、密の回避等を行うと共に、体調管理に心がけてください.